校章
徳島県立川島中学校・高等学校
Tokushima Prefectural Kawashima Junior and Senior High School
〒779-3303 徳島県吉野川市川島町桑村367-3
TEL:<中学校> 0883-25-2835 <高校> 0883-25-2824 FAX:0883-25-5340 
 
トップページ > 学校紹介> 校歌・校章 
携帯サイト
 
訪問者906435

校歌

徳島県立川島高等学校 校歌

作詞 藤原 栄久
作曲 若松 盛治

  1. 古代文化の揺籃地
    忌部の郷の丘の上に
    勉め励みてたゆみなき
    われらの幸を思わずや 
  2. 朝日たださす学園に
    霊気を呼ぶを始めにて
    不断に燃ゆる若人の
    新興の意気をたれか知る 
  3. 心ままなる人の世の
    蓬をただす麻として
    至誠の道を一筋に
    高き理想に生きんかな 
  4. ああ悠久の昔より
    たぐい稀なるこの霊地
    など人傑の出でざらん
    立てよ川島の若人よ 

 平成18年4月に中高一貫教育校となり,川島中学校・高等学校にふさわしく歌いやすい校歌を検討すべく校歌検討委員会を開き,生徒,教職員をはじめPTAや同窓会からも広く意見を募って検討を重ねた結果,平成19年4月より校歌4番の最後にある「立てよ川高の若人よ」から「立てよ川島の若人よ」に変更することになりました。
校舎遠景  JASRAC画像
(JASRAC許諾番号 E110912406)
 

麻植の地名と校章

校章 4~5世紀の大和朝廷の時代に、現在の吉野川市[旧麻植(おえ)郡]を中心に 開拓し、居住した地方豪族が忌部(いんべ)族です。
 忌部族は、中臣氏(後の藤原氏)と同様、祭祀(さいし)をもって奉仕していた中央豪族でした。 麻を生産したのでこの地を「麻植(おえ)の郡(こおり)」と名付けたといわれ、後世、天皇即位後はじめて新穀をもって皇祖および天神地祇を奉祭する宮中行事である大嘗会(だいじょうえ)に麻布を貢進しました。
 昭和天皇即位の大典にあたり、忌部氏直属の子孫三木宋次郎氏(木屋平村:現美馬市木屋平)等が麁服[荒妙](あらたえ)の調達を命ぜられ、山川町山崎に織殿を建築し、選抜された女性数名の手で織り上げ献上しました。 この時の「あらたえ」の一部を譲り受け、本校の校宝「至誠無息」の旗の材料に使用しました。
 平成天皇即位の大典の時も「あらたえ」は献上されました。 本校の校歌に「古代文化の揺籃地 忌部の郷の丘の上に」とあるのは、そのような歴史を踏まえているのです。 また、「心ままなる人の世の蓬(よもぎ)をただす麻として」とあるのは、麻にゆかりのある風土を映して、「蓬、麻中に生ずれば扶(たす)けずして直(なお)し」(「荀子勧学編」)を出典とし「曲がりくねろうとする蓬のようなものでも、麻に混じって生えると支えがなくても真っ直ぐに伸びることができる、そのように、良き友を得て世の中を正す人になれ」ということを教えています。
 なお、本校の校章は、麻の葉を放射状の星形に図案化したものです。昭和11年度までは、丸い台座に浮彫りになっていましたが、昭和12年度からは星形のみとなっています。